【ヨガセラピーご感想】先入観を手放した先に広がっていた可能性

【フェニックス・ライジング・ヨガセラピーご感想:先入観を手放した先に広がっていた可能性】

https://iwahashiyoko.com/wp-content/uploads/2021/04/IMG_2586-300x300.jpg

こんにちは。
体と心をつなぐヨガセラピスト×理学療法士の洋です。

淡路島でフェニックス・ライジング・ヨガセラピーの個人セッション(オンライン)やクリパルヨガクラス(対面・オンライン)を通して、体と心をつないで本当の私で生きていくことをサポートしています。

さてさて~(^^♪

今日は、フェニックス・ライジング・ヨガセラピー(PRYT)のセッションを受けて下さったYさんから頂いたご感想を紹介しま~す。

自分の体、心、思考に縮こまりとパターンが生まれていました。

新しい感覚にオープンになることができました。

自分だけではたどり着けないような体と心の感覚を感じられたことが、とても興味深く面白かったです。

ポーズの最中は、辛いこともあるのですが、終わった後には不思議と体が穏やかな感覚に包まれていました。

とても心地よかったです。

(Yさん、30代、女性)

自分の体、心、思考に縮こまりとパターンが生まれていた。自分だけではたどり着けないような体と心の感覚を感じられた。



さ、さ、さ、さすがYさん!!!すごい!

Yさんは、元々あるボディワークを指導するインストラクターさんなんです。

日頃から体に親しんでいるし、ボディワークを通して体を感じとることもしてる方。

Yさんは今回のセッションは、継続だったんだけど、初めて受けた時から体を感じとることは、とってもスムーズでした。

それでも!

体と心と思考に縮こまりのパターンがあることに、改めて気づいたなんて~。

そこから、新しい感覚にオープンになって、それは一人ではたどり着けないような感覚だったなんて~。

これ、Yさんが先入観を手放して、ニュートラルだったからこそ!可能になったんですよね~。

知識や似たような体験が事前にると、先入観が生まれる場合が多いの。

先入観とは、物事に対してあらかじめ抱いている見解やイメージで、自由な発想を妨げるもの、だよね。

それが、逆に体験を邪魔してしまうこともあるんです~。

普段から、体を感じとっている方の場合、その枠の中で、「○○だろう」という先入観で観てしまう。

これって、実は同業の方や、知識が豊富な方にありがち!

Yさんのように普段から体を動かしてる方とか、医療従事者のように体の知識が豊富な方とか。

その先入観を一度横に置いとくことは、自分のしてることに真剣に取り組んでいる方こそ、逆に難しかったりします。

でも、その先入観を手放した時、体には色んな気づきや可能性が広がってるのです~!

それまで身に着けてきた知識や体験を、もっと豊かに花開かせることだってあるんだから。

こんな風に。

ヨガセラピーは、普段から体に親しんでいる方や知識が豊富な方が、普段のみかたや感じ方は横に置いといて、ニュートラルなところから自分自身を感じとってみたい場合にも、とってもオススメです。

あなたの気づいていない可能性、発掘してみたくないですか?(*^-^*)

<もう一ついかがですか?>
【ヨガセラピーご感想】自分の中で対立していた、自分自身との関係が、ほどけていく

<ヨガセラピーについてはこちらもご覧下さいね>
体とつながって私と愛でつながる「フェニックス・ライジング・ヨガセラピー」
ヨガクラスとフェニックス・ライジング・ヨガセラピーの違いとは?
オンラインセッションの良さ
オンラインでのマットの置き方・映し方のコツ
オンラインであると便利なもの
マインドフルネス瞑想とは?そのポイントとは?

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。
体と心をつなぐヨガセラピスト×理学療法士 洋

 

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP