今が旬!田舎のたけのこ料理あれこれ

【今が旬!田舎のたけのこ料理あれこれ】

https://iwahashiyoko.com/wp-content/uploads/2021/04/IMG_2586-300x300.jpg

こんにちは。
体と心をつなぐヨガセラピスト×理学療法士の洋です。

淡路島でフェニックス・ライジング・ヨガセラピーの個人セッション(オンライン)やクリパルヨガクラス(対面・オンライン)を通して、体と心をつないで本当の私で生きていくことをサポートしています。

このページでは、洋の普段作っている簡単、おいしい、早い!と3拍子そろった料理をシェアしています。毎日の料理だって美味しくしちゃうんだから~!という洋のよくばりレシピです。

今日の洋のラブ料理は今まさに旬の「たけのこ」料理です~♡

この時期、田舎に暮らしていると、たけのこはよくもらいます。食べきれないくらいもらいます。(笑)

あく抜きは、鍋にお湯を沸かして、米ぬか少し入れて、30分以上湯がきます。

大きさによって、40~50分ほど湯がくこともありますが、串を指して固さを確認してみてね。

さぁ、今日1品目は~

たけのことワカメの炒め物!(なんの捻りもないネーミング)

若竹汁(ワカメとたけのこの澄まし汁)は誰でも思いつくけど、炒め物とは斬新でしょう?

今回は、豚バラ薄切りもINしました。

若竹汁がメジャーなだけあって、やっぱりたけのことワカメは炒めても合いますね~。

しいて言えば、豚肉はなくても良かった!むしろ、入れなくてよかった。なぜなら、たけのこ主役が薄れてしまったから~。ガビ~ン

お次、2品目は~

王道のたけのこご飯!!!

もう、これは間違いない一品でしょう~。

写真ではわかりにくいけど、椎茸も炊く時に一緒に入れていて、炊きあがった後に刻んだスナップエンドウ(私の畑から採れた豆)を入れてます。

味は塩、しょうゆ、みりん、酒をざっと入れただけです。

えっと~、レシピという程のものではありません。汗

出汁とかとってなくても、椎茸から十分うまみも出てるし、ご飯に味もついてるし、なによりたけのこ美味しいし、大満足なのです。

たけのこって、あく抜きもあるし「ハードル高いわ~」と思っているとしたら。

簡単だよ!この時期だけのご馳走だから。是非、買ってみて、食べてみて♡

今回はしなかったけど、シンプルにあく抜きしただけのたけのこをマヨネーズ醤油で食べるのは、天下一品です~。

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。
体と心をつなぐヨガセラピスト×理学療法士 洋

洋の公式LINE

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP