集中する癖、集中しすぎる癖。

【集中する癖、集中しすぎる癖】

https://iwahashiyoko.com/wp-content/uploads/2021/04/IMG_2586-300x300.jpg

こんにちは。
体と心をつなぐヨガセラピスト×理学療法士の洋です。

淡路島でフェニックス・ライジング・ヨガセラピーの個人セッション(オンライン)やクリパルヨガクラス(対面・オンライン)を通して、体と心をつないで本当の私で生きていくことをサポートしています。

さてさて(^^♪

最近の私は、ちょっと悩み事があったんです。

そのことが頭に浮かんできては、重たい気分になって。

答えが出ないグルグルにはまり込んでは、嫌になって、自己攻撃をする、というサイクルにはまっていました。

心も体も重たいところ。

そういう時、私はクリパルヨガやフェニックス・ライジング・ヨガセラピーを学んでるので。

その今の自分と共にいること、つまり向き合うことは得意なんですよね。

その状況から逃げて見ないようにするとか、全く背中を向けてしまうことはしないんです。

でも。

逆に、向き合いすぎて、私の中そればっかりになって、しんどくなる時もあるんです。

集中して、鋭くなって、攻撃する、自分の時もあり、他人の時もあり。

そうやって、これまでに沢山人を攻撃し、傷つけて、自分のことも攻撃してきました。

それが、先日あったクリパルヨガの卒後研修の「プロセスワークとコーチング」の話や、アーユルヴェーダの講座で。

また、今朝ヨガセラピー同期とした交換セッションで。

そのあり方が、マットの上で出てきたんです。

集中する癖、集中しすぎる癖。

私には、小さいころからそういうキャラクターがあって、それは良い面として発揮されるときと、そうでない時があるんです。

良くない時は、集中しすぎて自分がしんどくなって、その土俵から降りてしまうとか、ぶち壊してしまう、とか。

握ったものから、手を離せなくて、握り続けてる感じ。

そのプロセスの中では、必ずと言っていいほど、どこかに攻撃の矛先を向ける。

そういうことが、これまでに何度もありました。

そして、最近もありました。

そうなる前に、私が自分で気づいて緩められたらいいのに。

集中しすぎる癖を、そこへの圧を減らすことが、バランスよくできたらいいのに。

私、てんびん座なんです。

なのに、バランスを保つことがとっても下手っぴ。

集中しすぎて、バランス崩して、それでもまだ握りしめてるものを離せない。

今の私もそう、集中しすぎているの。だから、圧を抜いて、緩めたい。

大人になっても、この年になっても、なかなか上手にバランスがとれない私です。

困ったね~^_^;

ここ数日の気づきから。

少しペースを緩めてみようかと思います。

どうにかしたい、結果や成果を急ぐ気持ちは、もちろんあるけど。

自分自身を少し緩いところにおく。

そのために、できることは、一つはこのブログの更新頻度やペースをちょっと考えてます。

ヨガ解剖学を週1土曜日に始めてから、ヨガ解剖学の投稿が終わるとぐっと疲れます。

ヨガ解剖学の後は、ちょっと休もうかな、とか、まだ決められないけど、少し考えます。

それから、色々と進めていくペースも。

もう少し長いスパンで、ゆったり考えようかな、と。

話が具体的じゃなくて、わかりにくいかな。

あと、もう一つ。

顔の表情筋緩めようと思います(唐突!?)

最近の私、顔が怖かったもん。

気づくとすぐに、口をへの字につむって、力入って、眉間にも力入ってたから。

口の周り、目の周り、眉間、奥歯、喉、目の奥。

今日の午後からやっていたら、なんだかぽわ~んとした顔になってる。

ほわっ、じゃなくてぽわ~ん。(笑)

ぽわ~んとした顔の私、大丈夫かしら?

ま、いっか。そんなに見られてないだろうし。

色々とペースを緩めて、ちょっと私、緩んでみようかな?と思います。

あなたはどうですか?

もし、なにか思い当たる点があったら、表情筋一緒に緩めてみませんか?

ぽわ~ん星人仲間を募ります。


「僕はいつも凛々しく、お昼寝してるよ」by慎之介

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。
体と心をつなぐヨガセラピスト×理学療法士 洋

洋の公式LINE

 

 

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP