もっと頑張らなきゃ!と思ってませんか?

【もっと頑張らなきゃ!と思ってませんか?】

https://iwahashiyoko.com/wp-content/uploads/2021/04/IMG_2586-300x300.jpg

こんにちは~。
こころのリハビリ専門家.理学療法士の洋です。

淡路島とオンラインで
こころのリハビリとヨガをしています。

 

さてさて(^^♪

 

2022年が明けて早10日。
あっという間ですね~。

 

私は十日えびすに行ってきました。

 

去年、ある神社の十日えびすに行ったら
行く時間が遅く
撤収が済んだ後でした…。

 

真っ暗な神社で友達と
参拝しました。

 

今年はそのリベンジで
早い時間に行き
お札を買ってきました♡

 

今年私はこうしたい!
こうする!ということを宣言して
えべっさんの力も貸してね~と
お願いしてきました。

 

あなたは今年の目標や抱負とか
もう決めましたか?

 

目標を立てる時って
実は陥りがちな罠があるんです。

 

コレ頑張り屋さんな人ほど
陥る罠なんですが
ご存じですか?

 

それは

もっと頑張らなきゃ!

 

去年と比べて
もっと頑張らなきゃ。

 

誰かと比べて
もっと頑張らなきゃ。

 

いつも誰かや何かと比べて
私には頑張りが足りないから
もっと頑張らなきゃ!
と思っていることがあります。

 

でも
あなたは何をどこまで
頑張ろうとしてるの?

 

頑張った先に
何があるといいなぁ
と思っているの?

 

そもそもあなたは去年
頑張ってこなかったのかな?

 

う~ん・・・

 

そんなことないですよね。
あなたは去年も
頑張ってきてた。

 

では、なぜあなたは
もっともっと頑張ろうとしてるの?

 

去年目標達成できてないから。
もっと上を目指してるから。
私にはもっとできると思ってるから。

 

色々理由はあると思います。

 

でも
「もっと頑張らなきゃ」と思ってる人に
ただ一つ足りないことは・・・

 

自分を「認める」こと
なんです。

 

思い起こしてみて下さい。

 

あなたは去年何をどれだけ
頑張りました?

 

できるだけ具体的に
思い出してみて下さい。

 

・・・

 

あまり思い出せないのではないかしら?

 

確かに頑張った気がするけど
ちゃんとは覚えてないし
だからこそ
あんまり頑張ってこなかった気がする。

 

なんて風になってませんか?

 

そうなんです。
自分が1年間かけて
頑張った細かな一つ一つって
案外忘れちゃってるんです。

 

でも
本当はあなたは日々小さなことも
大きなこともコツコツ
頑張ってきていたはずなんです。

 

それを自分で「認める」ことが
次の目標設定や抱負を考える時の
最初の一歩です。

 

まず、認める。
その上で
この先のゴールを設定する。

 

去年100頑張ってきた!と思うスタートと
去年5しか頑張ってない、と思うスタートと
自分に対する信頼が全く
違うと思いませんか?

 

自分に対する信頼
つまり自信です。

 

自信がない人、というのはね。
実は、自分のしてきたことに
気づいてないケースが
とっても多いんです。

 

まずは気づいて認める。

 

それが目標設定をする時に
めっちゃ大切だったりします。

 

でも
自分を「認める」って
どうしたらいいの?
と思ったあなた。

 

自分を認める『秘訣』は
今晩の洋の公式LINEで
ちょっとしたポイントをお伝えしますね。

 

是非、登録しといてください♪

↓↓↓


検索IDからもご登録頂けます。
検索ID▶@038aztph 

***

<こちらもいかがですか?>
リハビリってどんなイメージ?
企業での社内研修でこころのリハビリしました。
話すことの効果
良い・悪いとジャッジしない理由
あなたの悩みの答えはどこにある?

<こころのリハビリご感想>
話してるうちにモヤモヤに気づけました。
本当に望んでいることと、そうでないことに気づきました。

 

公式LINE登録で
『瞑想×ヨガで体と心の声を聞く7日間』
がプレゼントで届きます!

公式LINEは洋の日々のつぶやきや
心がふっと楽になるアドバイスなど
週2回ほど配信しています。


検索IDからもご登録頂けます。
検索ID▶@038aztph 

メールでのお問い合わせはこちら♡

 

『こころのリハビリ』が一番更新される▶Yoga Instagram
洋の日々の暮らしが更新される▶Daily Instagram

いつも本当にありがとうございます(^^)
こころのリハビリ専門家.理学療法受けます

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP