感情を抑えるパートナーとの付き合い方

【感情を抑えるパートナーとの付き合い方】

https://iwahashiyoko.com/wp-content/uploads/2021/04/IMG_2586-300x300.jpg

こんにちは~。
こころのリハビリ専門家.理学療法士の洋です。

淡路島とオンラインで
こころのリハビリとヨガをしています。

 

さてさて(^^♪

 

今日は
私の話をしてもいいですか?

 

私の亡くなった旦那さんの話です。

 

私の旦那さんは
すごく自分の気持ちを抑えて生きてる
感じの人だったんですよ。

 

例えば
私「今日、なに食べたい?」
彼「う~ん、なんでもいいよ」とか。

 

私「(職場に)嫌なら、軽くそう言ってみたら?」
彼「う~ん、大丈夫」とか。

 

他にも
自分の気持ちを抑えることが
日常的でした。

 

でも、コレ。
私は最初ここに惹かれたんですよね~(笑)
なんて穏やかな人なんだろう~♡て(笑)

 

そう、自分の気持ちを抑えて人に合わせてると
それって捉え方によっては
穏やかな印象にも感じられたんです。

 

だから
気持ちを抑えて人に合わせた振る舞い
全てがダメではないんです。

 

そして
そういう振る舞いは
仕事などにおいては
ある意味信頼になっていくことも
あるような気がします。

 

でも…

 

旦那さんは気持ちを抑えなくてもいい
プライベートの時でも
気持ちを抑えることが普通になってました。

 

だから
私から色々聞かれても
あまり自分の気持ちを言ってこないんです。

 

言ってこない、というより
わからないんです。

 

我慢してると
自分の本音がわからなくなってしまうの。

 

付き合いが浅いうちなら
自分の気持ちをそんなに伝えない
そういう付き合いでもいいんです。

 

でも、夫婦ともなると。

 

色んな場面で
パートナーの本心が知りたい時も
やっぱりでてくるんです。

 

でも、そんな相手にいきなり
「自分の気持ちをもっと言ってよ!」
「わからないじゃない!」と言うと
相手は益々なんて言ったらいいのか
わからなくなっちゃう。

 

相手の気持ちを質問で聞くことよりも
自分がまずは気持ちを相手に伝えてみる。

 

それを私は試しました。

 

「このパン美味しいね」
「ヤギ可愛いいな~」
「新潟いいところだね~」
とか。

 

気持ちを、というより私が感じたことを。
そのまま伝えてみる。

 

伝えて相手が反応しなくても
いいんです。

 

反応が欲しくて言うんじゃなくて
なんとなくそういうことを
口にして大丈夫なんだよ~
という空気感を出してみるだけ。

 

私が「いいな」と思ったことを
軽く共有する、みたいな感じです。

 

そうするとね。

 

その時は反応がなくっても
「今日は別のパン屋さんに行ってみようよ」とか
ヤギと触れ合える場所が
パソコンで調べてあったりとか。(笑)

 

なんとなくパートナーが
私の言ったことを聞いて
次の行動をしてるような時が
出てきたんです。

 

気持ちを表に出して言う、って
男性にとっては実はハードルが高いこと。

 

恥ずかしい、が先に立っちゃうから。

 

そして、男性は
いちいち感情を言葉で言うよりも
実際の行動にして
感情を次につなげることを
選択したりします。

 

だから感情を表にあまり出さないパートナー
に対しては、あなたが自分の感じたことを
こまめに伝えてみることを
オススメします。

 

難しくちゃんと伝える必要はないから。
ただ、一言、二言。

 

あなたが「いいな~」と思った時に
それを口に出してみて。

 

相手を変えることはできないから。
まずはあなたが。

 

小さいことから変えてみる。
やってみてね♡

 

***

洋の公式LINEでは12月25日
クリスマスプレゼントがあなたの元へ
届きます!

 

そのプレゼントとは!?

 


年末年始はおうちヨガで
体を整えよう~♪(動画だよ)

 

です。

 

絶対オススメなので
今すぐ登録してね~♪

↓↓↓


検索IDからもご登録頂けます。
検索ID▶@038aztph 

***

 

公式LINE登録で
『自分とつながる7日間エクササイズ』
がプレゼントで届きます!

 

洋の日々のつぶやきやクラス情報など
週2~3回ゆるく配信しています。


検索IDからもご登録頂けます。
検索ID▶@038aztph 

 

メールでのお問い合わせはこちら♡

 

『こころのリハビリ』が一番更新される▶Yoga Instagram
洋の日々の暮らしが更新される▶Daily Instagram

いつも本当にありがとうございます(^^)
こころのリハビリ専門家.理学療法士 洋

 

 

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP