子宮と対話してますか?

【子宮と対話してますか?】

https://iwahashiyoko.com/wp-content/uploads/2021/04/IMG_2586-300x300.jpg

こんにちは~。
体と心をつなぐヨガセラピスト×理学療法士の洋です。

淡路島でフェニックス・ライジング・ヨガセラピー(PRYT)の個人セッション(オンライン)やクリパルヨガクラス(対面・オンライン)を行っています。ヨガセラピーやヨガを通して体と心をつないで、本当の私で生きていくことをサポートしています。

さてさて(^^♪

先日のオンラインヨガで、妊娠を希望する方、妊活中の方が数名集まったんです。

私のヨガクラスは、オンラインも比較的少人数なので、この日は妊活中の方&ファミリーばかりでした。

その時にクラスの前に私が、生徒さんにお話ししたことを今日はシェアしま~す(*^-^*)

女性の子宮て、どんな形をしてて、どのくらいの大きさか知ってますか??



こんな感じ。

ひょうたんをひっくり返したような形で、大きさはこのくらい。

重さは、だいたい60g、Lサイズ卵くらいなんです。

コレ、大きいと感じます?小さいと感じます?

私は、小さいな~と思いました。

その子宮が、妊娠すると段々大きくなって、MAXでみぞおちくらいまできます。

それが、出産すると急速に元の子宮に戻ろうとするんですね~。

そのキャパシティの広さたるや…すごいですよね。

この子宮のキャパシティは、妊娠しようが、しまいが、本来女性が持っているキャパシティなんです!

女性は、そのくらい受け入れの幅が広くて、強さと優しさを持って、包容力がある生き物なんですよね。

今、それをたとえあなたが受け入れていても、いなくても。

持っているんですよ♡

それが、あなたです。

さて、ちょっと話が逸れましたが。

そんなキャパシティめっちゃ広い子宮ですが、実はとっても繊細なんです。

色々と影響受けちゃうんです。

子宮は平滑筋という筋肉からできているんです。

だから、他の筋肉と同じように、やっぱり温かい方が伸び縮みもしやすい。

温かい方が、柔らかい。

子宮を温かくする方法は、色々あるけど大きく分けて
・外から温める
・内から温める

の2通りがあるの。

外から温めるは
腹巻したり、
レッグウォーマーしたり、
湯たんぽしたり、
お風呂に入ったり、
冷やさないような服装をしたり。

外から熱を加えたり、奪われないようにすることで、体温を保つ方法。

じゃぁ、内からは?

これは、
口から入る食べ物を温かいものにするとか、
そういう性質の食べ物をとるとか、
体を動かして熱を自分が作り出すとか、
それによって血流が良くなって温まるとか。

ヨガは、主に後者、内から温める方ですね。

それから、ヨガをするとリラックスもします。

筋肉て、メンタル的に緊張したら、ギュっと固くなるでしょう。

あなたも緊張しすぎて、胃が痛くなったとか便秘したこととか、あるでしょう?

それは、表面の骨格筋だけじゃなくて、内臓にある筋肉にも同じことが起きてるってこと。

心の状態に、体は敏感に反応するの。

心と体はつながってるの。

心は忙しくて、緊張して、固くなってるのに、内臓や血管だけゆるんで~と言われても体は困っちゃう。

だから、ヨガはその点でも効果を発揮します!

体をコントロールするためにヨガをするのではなく、心と体がつながれば、自然と子宮も柔らかく、温かく、赤ちゃんは子宮で居心地が良くなってくるから。

体との対話、子宮との対話。

結局は、そこだと思うのです。

この前は、そんなお話をヨガクラスの最初にしました。(こんなにうまくまとめられなかったけど。(笑)

赤ちゃんを迎えるための、お母さんとお父さんの体と心を整える妊活ヨガ。

また開催したいな~(*^-^*)

ちなみに…淡路島の形は子宮の上下をひっくり返した形をしてます!(南がぽってり)

やっぱり淡路島は国生み・産み・海の生命エネルギーがめっちゃ詰まった土地なんだよー♡

淡路島に来るだけで、そんなエネルギーがたっぷりもらえちゃうよ(*^-^*)

***

洋のヨガクラスは、現在オンラインと淡路島ヨガクラスがあります。

お家から気軽に参加できるのはオンライン、軽いリトリート感覚なのは淡路島ヨガクラスです(#^^#)

とりあえず、どんな感じか見てみたい、ならインスタライブヨガ(無料)がオススメで~す。

詳しくは、こちら↓↓↓をチェックしてみてね~。

ヨガクラススケジュール

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。
体と心をつなぐヨガセラピスト×理学療法士 洋

 

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP