【呼吸を感じる!?】理学療法士が教えるヨガ解剖学vol.23

【呼吸を感じる?】理学療法士が教えるヨガ解剖学vol.23

https://iwahashiyoko.com/wp-content/uploads/2021/04/IMG_2586-300x300.jpg

こんにちは~。
こころのリハビリ専門家.理学療法士の洋です。

淡路島とオンラインで
こころのリハビリとヨガをしています。

 

このヨガ解剖学ではヨガに役立つ豆知識を
理学療法士×ヨガ教師の視点で紹介しています。

 

専門家向けではなく
普通の方向けのコラムです。

 

さてさて~(^^♪

 

数回かけて呼吸について紹介してきました。
【腹式呼吸とは?】
【胸式とは?】
【ヨガの呼吸法とは?】
【逆腹式呼吸とは?】

 

色んな呼吸の仕方があって
それを意識的に使うと
様々な効果もあるんでしたね。

 

でも・・・
そもそもアタチどんな呼吸してるかわかんなーい!
なんて方いませんか?

 

言うなら
ディズニーランドに行きたいけど
今自分がどこにいるのかわからない
みたいな。(笑)

 

ココハドコ、アタチハダ~レ???

 

ゴールはわかっていても
スタート地点がわからない感じです。

 

これじゃぁ
ゴールに向かえないですよね。

 

だから
今日はスタートの確認
つまり、今の呼吸をチェック、チェック、チェ~ク!!!
実践編としてお届けします。

 

さぁ、今日もはりきっていきましょう~♪

 

呼吸チェックのウォーミングアップ

まず、最初に言っとくと
呼吸のチェックは
構えずにサッっとすると良いですよ。

 

大抵の方が
呼吸のチェックする、なんていうと
呼吸の仕方が変わります。

 

だから
沢山情報を集めようとせず
気楽にする感じです。

 

座ってしても立ってしてもいいですが
まずは座って練習していきましょう。

 

座り方は
椅子でも床に直接腰かけてもOKです。

 

坐骨を下に押し下げるようにして
頭頂上に押し上げ、胸は開いて
手はももの上やお腹の前で
重ねておきます。

呼吸を感じとりにくい時は
片手を下腹部、もう片方の手を胸の真ん中にあてて
行うとわかりやすいかもしれません。
お好みでどうぞ。

 

では、早速!

自然な楽な呼吸をしながら・・・

 

➀体のどこで呼吸を感じるだろう?

 

呼吸するとどんな人でも体が動きます。
それが、体のどこで感じとれるか?という意味です。

 

例えば
お腹や胸は割と感じやすいかもしれません。

 

鼻先はどうです?
肩や首では?
背中では?

 

自分の呼吸が感じられるところで
自由に呼吸を感じてみましょう。

 

②呼吸はどんな感じ?

呼吸の速さはどう?
早い?ゆっくり?

 

その時の呼吸の深さは?

 

リズムは?

 

ざっくりと感じてみましょう~。

 

呼吸のチェックで大切なことは
分析ではなく、ただ感じるということ。

 

分析すると、そこにはジャッジが加わるから。
良い、悪いは脇に置いといて
ただ感じるだけです。

 

このざっくりとした呼吸のチェックは
ふとした日常の瞬間でも使えます。

 

今の自分の状態を表わす呼吸の観察
是非、やってみてね~。

 

呼吸と体の動きの関係

早速、やってみましょう。
先ほどと同じ要領で座ります。

 

自然な呼吸をして
そこに腕の動きを加えていきます。

 

ラジオ体操の深呼吸の時のように
腕を開き、同時に胸も開きます。
腕を内側に戻し、同時に胸も閉じます。

(photo by AC)

 

まずは、動きをしてみます。
腕の動きをすると
体ではどんなことが起きていますか?

 

背骨はどうでしょう?
骨盤はどう?
体重のかかり方は?

 

そして呼吸は?

 

腕の動きを次第に小さくしていき
動きを止めて
静止した後に残る体の余韻を感じます。

 

***

 

おそらく腕の動きをすると
背骨は動き、それに伴って骨盤も小さく前後傾
したのではないでしょう?

 

坐骨や足にかかる体重も
わずかに変化した。

 

そして、腕の動きをすると
呼吸が自然と腕の動きに
合ってきたんじゃないかと思います。

 

その状態を続けていくと
呼吸の深さや速さが変化してきて
さらにその呼吸に合うようにして
腕の動きが変化する。

 

動きが呼吸を動かし
呼吸が動きを動かしてますね。

 

呼吸と動きの間には
切っても切れない関係があること
伝わったでしょうか?

 

呼吸チェックをもう少し詳しく

2つ前のところで
呼吸チェックのウォーミングアップを
ざっくり書きました。

 

ここでは
呼吸チェックをもう少し詳しくするときの
チェックするポイントを
いくつか紹介しますね。

 

先ほどと重複する内容もありますが
読んでみて下さいね。

 

・呼吸の源:呼吸の吸い始めがどこから始まるか。

・呼吸の位置:呼吸が一番はっきり感じられるとこはどこか?

・呼吸のスピード

・呼吸の深さ

・呼吸のバランス:吸う息と吐く息のバランスは?
また、吸う息と吐く息の間や吐く息と吸う息の間はどんな風にある?

・呼吸のなめらかさ

・呼吸の質:これは呼吸を感じとった時に受けるイメージや湧いてくる言葉をそのまま表現します。
例えば、丁寧や優しいとか、雑、濃厚とか。

 

最初の呼吸のウォーミングアップに慣れてきたら
少しずつチェックしてみるところも
増やしてみて下さいね。

 

まとめ

今日は、呼吸のチェック実践編をお届けしました。

今の呼吸を編集したりせず、ただそのまま今の呼吸を感じる呼吸のチェックは、言うなれば現在地の確認です。

今の自分の状態を表わす呼吸を知って、そこから呼吸の練習をしてみて下さいね。

ヨガ解剖学、ネタ募集してま~す。↓↓↓

<募集中>
ヨガ解剖学では、今後扱ってほしい内容を募集しています。お答えできない場合もあるかもしれませんが、できる範囲で回答していこうと思います。気になっている解剖学のことなどあったら、教えてもらえたら嬉しいです。お待ちしています^^

ヨガ解剖学リクエスト

 

リクエストは公式LINEからでも大丈夫です。是非登録してね♪

<参考文献>
(1)ドナ・ファーリ 著、自分の息をつかまえる、河出書房新社、1998年、32~48

<こちらもいかがですか?>
【前屈とハムストリングス①ゆるゆる伸ばす】理学療法士が教えるヨガ解剖学vol.5
【前屈とハムストリングス②筋膜を感じる】理学療法士が教えるヨガ解剖学vol.6
【胸椎の動きは○○とセット】理学療法士が教えるヨガ解剖学.vol11
【胸椎の固さは百害あって一利なし】理学療法士が教えるヨガ解剖学vol.12
【ヨガ教師が動きを観る時のポイント2つ】理学療法士が教えるヨガ解剖学vol.13
【膝が前に出すぎると、なぜいけない?理由を大公開!】理学療法士が教えるヨガ解剖学vol.17
【膝が前に出すぎると、なぜいけない!?理由を大公開!その2】理学療法士が教えるヨガ解剖学vol.18

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。
体と心をつなぐヨガセラピスト×理学療法士 

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP