【重心動揺あれこれ】理学療法士が教えるヨガ解剖学vol.16

【重心動揺あれこれ】理学療法士が教えるヨガ解剖学vol.16

https://iwahashiyoko.com/wp-content/uploads/2021/04/IMG_2586-300x300.jpg

こんにちは~。
体と心をつなぐヨガセラピスト×理学療法士の洋です。

淡路島でクリパルヨガクラスと
フェニックス・ライジング・ヨガセラピーをしています。

 

このヨガ解剖学では
ヨガに役立つ解剖学などの知識を
理学療法士×ヨガ教師の視点で紹介しています。

 

専門家向けではなく、体について
あまり勉強したことがない方に向けたコラムです。

 

さてさて~(^^♪

 

前回のヨガ解剖学で重心の話をしました。

 

その中で重心の揺れ動きは
誰にでもあるんです!とお話しました。

 

今日は
重心の揺れ動きについてもう少しお伝えします。

 

重心位置の移動は呼吸でも起きる

立位であっても、他の姿勢であっても
姿勢を保持する時は、外から見たら
静止状態を保っているように見えても
わずかな重心位置の移動は常に起こっています。

 

立位姿勢では
はじめに支持基底面と足部、足関節の関係が
定まります。

 

身体は、足関節を支点として
逆振り子のような運動をしてるんですね。

 

立位では、頭部、重心点はたえず
動揺しています。

 

人が、アナログの体重計に乗った時
針が完全に止まることってないですよね。

 

小さく動き続けてます。
体重計は単に重さを計ってる感じですが
あの小さな針の揺れ動きは
重心が小さく動揺してるから
完全に止まることはないんですよね。

 

その動揺は、呼吸をするだけでも
起きているくらいです。

 

逆振り子をイメージすると
呼吸で少なくとも胸郭やお腹は膨らんだり
縮まったりするので、上の形が変われば
重心も小さく動きますよね。

 

<やってみよう>両足を床についた立位で、目線を一点に固定して、呼吸してみましょう。その時に足裏に集中して、足裏のどのあたりに圧がかかっているか。吸う時、吐くときはどう変化するのか、感じとってみましょう。

 

私がこれをすると
吸う時は足裏の少し前方に圧が移動して
吐くときは元に戻ってくる感じでした。

 

もしかしたら、人によって多少違うのかな?

 

必ずしも全員が吸う息で圧が前方に移動する
とは言いきれませんが、呼吸で圧のかかる場所が
移動することは確認できたと思います。

 

ちょっと話がそれますが。

 

私20代の頃に、
ダイビングを数年やってたんです。

 

海の中では
レギュレーターから空気を吸うと
わずかに体が浮かんで
吐くと沈むんです。

 

吸う息で体が膨らんで
吐く息で縮まっていく。

 

エアの出入りで体の重さが変わる。

 

それをすごくわかりやすく体感したのが
ダイビングでした。

 

ヨガでは、体が浮くことはないけど
例えば女神のポーズの時。

 

吸う息で、少し重心が上がって
吐く息で、下がる。

 

そんな体験をしたことがある方も
きっといますよね。

 

ヨガの時の小さな重心の動きと
ダイビングの時の感覚がなんか似てるな~
てふと思い出したんです。

 

体は呼吸をするだけでも重心が
わずかに移動するものなんですね~。

 

呼吸は、生きていれば絶えず続くものなので
重心は常に揺れ動くものだってことが
なんとなく理解できますか?

 

人はどうやって歩きはじめる?

立位の場合は
重心線は足関節のやや前方になります。

 

そのため
重力は体を前に倒すように働くんです。


わかります!?このイラスト。

 

青丸が重心、重心は足関節より若干前方です。

 

股関節よりも前方でもあるため
股関節は屈曲させる方向への力が働きます。

 

すると、体の中では
背面の力でこれを止めるような働き
をするんですね。

 

これを背面の筋が調整して、姿勢を保つので
重心の前後動揺が起きます。

 

背面の筋は、
ふくらはぎの下腿三頭筋や
背中の脊柱起立筋などが
特に立位姿勢を支える役割を
大きく担っているんですね~。

 

でね。

 

今日すっごく書きたかったことがあって
それをここで書きます。

 

それは、人が歩きはじめる時。
人はどうやって動き始めてるでしょうかー?



どう!?どう!?
なんか思いつきました?

 

もったいぶらずに教えちゃいます♡

 

簡単に言うと
立位を保持するために働いてた下腿三頭筋が
一瞬!力を抜くんです。

 

そうすると
下腿の前方回転が起きて
重心が前方に移動し始めるんです!

 

でも、ずっと下腿三頭筋が力抜けてると
前に倒れるので、ホント一瞬です!

 

その一瞬起きた重心移動を利用して
歩きはじめるんですよー。

 

これを逆応答現象といいます。

 

…これ、めっちゃすごくないですか?
超効率的!

 

動き始める時には
力を入れるんじゃなくて
抜くんです。

 

余計な力を抜いたら
人の体って勝手に動き出すんです。

 

なんか
物事を新たに始める時にも当てはまることだな~と思って。

 

力んで無理やり流れを起こすんじゃなくて
一瞬ふと力を抜いてみる、

 

そしたら、自然と流れが起きる。

 

私、この考え方すごく歩きです(笑)
話がちょっと逸れました。

 

重心動揺の年齢変化

ではでは、最後に。
重心動揺の年齢変化についてです。

 

この重心動揺は、幼少期は大きく
10歳代後半までは年齢増加につれて減少し
20代で最小になります。

 

その後は増加して
70代以降は著しく増加します。

 

同じ人であっても、重心動揺は年齢によって
変化するんですね。

 

70代を超えて著しく低下するのは
それほど疑問に感じませんが
20代をピークにその後は低下する
というのは、あまり体感としてない
かもしれないですね。

 

さらに!

 

この重心動揺は閉眼によって増大します。

 

ヨガの最中にも
よく目を閉じて動いたり
体を感じとったりすることありますよね。

 

加齢と共にバランスが低下すること
目を閉じるとバランスがとりにくいことは
体感的にはわかっていることかもしれませんが。

 

ヨガ教師の方は
特にその点は覚えておきたいですね~。

 

まとめ

今日は、重心動揺についてお話しました。

外から見て止まっている風に見えても、重心は小さく動き続けていること、また重心動揺は年齢によっても変化して20代をピークにその後は低下することをお伝えしました。

さらに、重心動揺は閉眼で増大することもお話しました。

次回は、なににしようかな?
ネタ募集してま~す。↓↓↓

<募集中>
ヨガ解剖学では、今後扱ってほしい内容を募集しています。お答えできない場合もあるかもしれませんが、できる範囲で回答していこうと思います。気になっている解剖学のことなどあったら、教えてもらえたら嬉しいです。お待ちしています^^

ヨガ解剖学リクエスト

リクエストは公式LINEからでも大丈夫です。是非登録してね♪

<こちらもいかがですか?>
【ウトカタアーサナで大腿四頭筋を感じよう!】理学療法士が教えるヨガ解剖学vol.2
【前屈とハムストリングス①ゆるゆる伸ばす】理学療法士が教えるヨガ解剖学vol.5
【前屈とハムストリングス②筋膜を感じる】理学療法士が教えるヨガ解剖学vol.6
【胸椎の動きは○○とセット】理学療法士が教えるヨガ解剖学.vol11
【胸椎の固さは百害あって一利なし】理学療法士が教えるヨガ解剖学vol.12
【ヨガ教師が動きを観る時のポイント2つ】理学療法士が教えるヨガ解剖学vol.13
【とことん骨盤の触診】理学療法士が教えるヨガ解剖学vol.14

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。
体と心をつなぐヨガセラピスト×理学療法士 「

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP