突然死した旦那さんは、8年経って私の中の生きるエネルギーになっていた。

【突然死した旦那さんは、8年経って私の中の生きるエネルギーになっていた】

https://iwahashiyoko.com/wp-content/uploads/2021/04/IMG_2586-300x300.jpg

こんにちは。
体と心をつなぐヨガセラピスト×理学療法士の洋です。

淡路島でフェニックス・ライジング・ヨガセラピーの個人セッション(オンライン)やクリパルヨガクラス(対面・オンライン)を通して、体と心をつないで本当の私で生きていくことをサポートしています。

今日は、久しぶりに日曜日のいい天気でしたね~。

ここ数週間、淡路島では日曜日になると雨が降っていました。

平日は晴れの日も沢山あるけれど、やっぱり日曜日の晴れはなんかいいです。


もうツツジが咲いてた~。

さてさて。

先日、旦那さんの命日でした。まる8年が過ぎたことになります。

ここ数年は墓参りに行く回数も減って、行っても年に1~2回。

一時は、毎月のように墓参りにも行っていたし、墓参りから遠のいてしまうことに、罪悪感を感じたりしてたこともありました。

命日が来ることも辛かったし、命日の度にまた、彼が死ぬ感じがしてました。

墓参りに行くことが唯一旦那さんとつながれるような感じで、物質的に遺骨がある墓が、現実に彼を感じられる場所だったんですよね~。

それ以外の場所は、たとえ思い出の場所でも、過去の幻のような感じだったのかも。

でも、今はそれもなくなって、どこにいても、いつでもつながろう!と思えばつながれる感じがするし、彼の記憶をなくしてしまうのではないかと不安がることもなくなったかな。

記憶が落ち着いてきた感じ。

私の中にある彼との思い出や記憶を、私が信じることができるようになった感じです。

旦那さんを亡くした時は「私、これから先、生きていけるのかな?」と思ったけど、人間は強い!生きれるんです。

ちょうど今日、年1~2回の墓参りに行ってきました。

穏やかに、彼とつながる、そんな墓参りでした。

私は、最近の自分の出来事を報告しつつ、また見守っててね、といつものやりとりをしました。

この8年で、私は大分変わりました。

大切にしたいと思うこと、暮らす場所、仕事。

彼が亡くなったことは、確かに寂しかったし辛い出来事だったけど、私はその出来事すらも受け入れて、得るものは得たんです。(得るものは得た、というと「お金か?」みたいに思うけど、そうではなくて。)

彼の死は、8年経って、いつの間にか私の中で生きるエネルギーに変わっていたような、ホント不思議です。

最近は、結婚観についても意識が変わってきました。そのお話は、また今度ね~♡

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。
体と心をつなぐヨガセラピスト×理学療法士 洋

洋の公式LINE

 

 

 

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP